佐久方面への渋滞回避ルート

軽井沢は昔より車が増えたと思います。昔はゴールデンウィークやお盆などの時期の渋滞がひどかったですが、最近は土日祝日や、平日でも朝夕は混んでいます。混雑が見られるのが次の道ですが、上2つの道は特にひどいです。

 国道18号線(軽井沢駅~追分)
軽井沢を東西に走る道路で地元住民も使用する道路です。軽井沢プリンスショッピングプラザや旧軽井沢銀座などへ行く車で渋滞します。軽井沢が混む時期は、ほどんど車が動かなくなります。

 県道43号線(全般)
碓氷軽井沢インターチェンジと軽井沢駅を結ぶ道路です。軽井沢プリンスホテルの前の通りです。軽井沢プリンスショッピングプラザや旧軽井沢銀座などへ行く車で、特に国道18号バイパス線より北側は渋滞します。

 県道133号線(軽井沢駅~旧軽井沢)
軽井沢駅から旧軽井沢銀座へ向かう道路です。旧軽井沢銀座などへ行く車で渋滞します。

 国道146号線(中軽井沢駅~星野リゾート付近)
中軽井沢駅から星野リゾートや北軽井沢、草津・万座へ向かう道路です。星野リゾート(ハルニレテラス、トンボの湯など)へ行く車で渋滞します。

これらの道を回避しながら佐久方面へ向かう道を紹介します。

スポンサーリンク

借宿から南へ

軽井沢町の主要エリアから西側の佐久方面へ向かう場合、主要道路を使うならば国道18号線を通ります。この場合、国道18号線と国道18号バイパス線が合流する付近(借宿)から追分まで混雑することが多々あります。ここを避けるルートを紹介します。

国道18号線が合流する前に裏道へ

まず、国道18号線と国道18号バイパス線が合流する前に平行している裏道へ入ります。

 国道18号線の場合
国道18号バイパス線の下をくぐったら、国道18号バイパス線と合流する前に左折します。その後、すぐに右折し、道なりに進んで借宿地区内の信号を目指します。

グーグルマップでルート説明します。

渋滞回避ルート by グーグルマップ

 国道18号バイパス線の場合
しなの鉄道の上を通り過ぎたら左折(国道18号バイパス線の脇道へ)します。道なりに進んで借宿地区内の信号を目指します。

グーグルマップでルート説明します。

渋滞回避ルート by グーグルマップ

しなの鉄道沿いに西へ

借宿地区の信号から南へ進むと信濃追分駅があります。ここからはしなの鉄道の線路と平行して西へ向かいます。

グーグルマップでルート説明します。

渋滞回避ルート by グーグルマップ

■ 借宿地区の信号
国道18号線に平行する裏道を進んでいくと借宿地区内の信号の十字路があります。この信号を左折します。

■ しなの鉄道の手前の信号
見になりに進んでいくとしなの鉄道の手前に信号がある十字路があります。この信号を右折します。右折後は県道136号線になります。

■ 坂を上った所
県道136号線を走ると、左手にしなの鉄道の信濃追分駅が見えてきます。そこを通り過ぎていくと坂を上ります。この辺は道が狭いので注意してください。この坂を上って最初に左折可能な道を左折します。左折後は県道137号線になります。

■ しなの鉄道の上を橋で渡る
左折した直後にしなの鉄道の上を橋で渡ります。この橋は狭いので注意してください。この橋を通後した直後の分岐は右側の道を進みます。引き続き、県道137号線を進みます。

なお、しなの鉄道の橋を渡った後の2つ目の分岐を左折すると心霊スポットで有名な軽井沢大橋に向かいます。小学校の頃、遠足で軽井沢大橋まで歩いて行ったことがありますが、軽井沢大橋はホントに自殺の名所なのであまり近寄りたくはないですね。。

■ 県道137号線で西へ
県道137号線の道なりに進んで西へ向かいます。右手にしなの鉄道、左手に北陸新幹線がある下り坂を下った所までが軽井沢町です。上り坂から先は隣町の御代田町になります。

児玉東の信号を直進すると御代田町小田井方面へ進みます。
児玉東の信号を左折すると佐久市岩村田方面へ進みます。

小田井、岩村田は、旧中山道の宿場町だった地です。旧中山道は東から西へ「坂本宿~(碓氷峠)~軽井沢宿~沓掛宿~追分宿~小田井宿岩村田宿」と進んでいきます。小田井は、戦国時代に武田信玄軍と上杉憲政軍の合戦場になった地でもあります。岩村田は、大井貞隆が城主だった地です。共に武田信玄軍によって攻略された地です。

塩沢・発地からならばこんなルートもありますよ

軽井沢南部からは、国道18号バイパス線を使わないルートがあります。

グーグルマップでルート説明します。

渋滞回避ルート by グーグルマップ

■ 湯川の橋を渡った所
発地から県道157号線を西へ向かうと油井の十字路に出ます。湯川の橋を渡った所です。この橋を渡ったら左折します。

■ しなの鉄道の下をくぐった所
道なりに進んでいくと左手に中軽井沢カントリークラブ(ゴルフ場)が見えてきます。そのまま道なりに進んでいくと、しなの鉄道の下をくぐるトンネルがあります。このトンネルは狭いので注意してください。対向車がいた場合は譲り合いを!このトンネルをくぐったら左折します。

■ 信濃追分駅方面へ
この先に信号がありますが、信号を直進します。この先は県道136号線になります。以降は、先に説明した国道18号線からのルートと同じです。