夏に涼しい水辺の軽井沢

国際的な避暑地ということもあり、夏の軽井沢はとても涼しいです。そんな軽井沢でも、水辺に行くと一段と涼しさを感じることができます。水辺のマイナスイオンがいっぱいあるの中へ涼みに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

白糸の滝

白糸の滝
浅間山の麓の地下水が湧き出し、そのまま流れ落ちて滝になっているのが白糸の滝です。白糸ハイランドウェイ(有料道路)から小川沿いに登って行ったところにあります。この小川沿い辺りから一段と涼しい空気を感じられます。

浅間山の麓の地下から湧き出した水がそのまま流れ落ちている白糸の滝。高さ3メートル、幅70メートルの糸が連なったような滝に囲まれる癒しのスポットです。この地で湧き出した水は、やがて湯川、千曲川(信濃川)となって日本海へと流れていきます。

軽井沢タリアセン


軽井沢タリアセンは塩沢湖を中心に芸術・文学・歴史的建造物を鑑賞できる場所です。他にもイングリッシュ・ローズガーデンやパターゴルフ、アーチェリーなど、鑑賞したり遊んだりすることができます。

 塩沢湖
塩沢の坂を下った所に塩沢湖があります。塩沢湖の真ん中に中の島があり、木の橋を渡って島へ行くことができます。ここではボートを借りることができます。

昔、冬の塩沢湖は全面凍ったのでアイススケートができました。ここ最近はそこまで凍るのは稀かもしれません。

 泥川
塩沢湖と駐車場やイングリッシュ・ローズガーデンの間を流れている川です。なんで泥川なんて名前を付けたんですかね。。泥川と言っても、透明でキレイな水の川です。夏にはホタルを見ることができる川です。

泥川の源流は軽井沢72ゴルフ場付近で、途中、雲場池や軽井沢プリンスの方から流れてくる矢ケ崎川と合流し、塩沢湖の隣を流れます。下流には発電用の泥川ダムがあり、その先で湯川に合流します。

千ヶ滝

千ヶ滝
浅間山の麓、軽井沢北部にある滝です。駐車場から千ヶ滝までの間はせせらぎの道という遊歩道が整備されています。途中、小川の流れが緩やかになっている水遊び場があり、小川に入って遊ぶこともできます。

浅間山の近くにある「千ヶ滝」、その名は軽井沢町内の地名にもなっています。千ヶ滝までの道のりは「せせらぎの道」として整備されており、途中には「水遊び場」がある憩いの場でもあります。白糸の滝や竜返しの滝に比べて落差が大きい滝です。

雲場池

雲場池
軽井沢の別荘地にある湧き水が源流の池です。森の中にひっそりと佇む池で、池の周りを歩いて一周することができます。

六本辻を北西方向へ進むと右手に木々の中に湧き水でできた雲場池が見えてきます。新緑の季節や、紅葉の季節はおススメです。また、この池ではカルガモが泳いでるのが見れるかもしれません。

湯川ふるさと公園

湯川ふるさと公園
軽井沢の中心を南北に流れる湯川沿いにある軽井沢町営の公園です。公園から獣道のような道を通っていくと湯川に出ます。天気が良い日は流れも穏やかなので、夏ならば川に入って遊ぶのも気持ち良いと思います。

軽井沢町のほぼ中心の位置に「湯川ふるさと公園」があります。とても広い公園で、子供の遊び場がいっぱいあります。ドッグランもあるので、犬にとっても思いっきり走り回れる公園です。

竜返しの滝

竜返しの滝
白糸の滝の下流にある滝です。白糸ハイランドウェイ(有料道路)の料金所の近くに車を停めて、山道を歩いて滝まで行きます。途中から小川沿いを歩きますが、この辺から一段と涼しさを感じることができます。

軽井沢の「白糸の滝」に行くなら、すぐ近くにある「竜返しの滝」にも立ち寄ってみましょう。「竜返しの滝」は白糸ハイランドウェイ沿いから少し山道を入った所にあり、「白糸の滝」の下流にある滝です。