挙式に人気の教会「聖パウロカトリック教会」

聖パウロカトリック教会

旧軽井沢にある「聖パウロカトリック教会」は、1935年にイギリス人のワード神父によって設立された教会です。建物の設計は米国建築学会賞を受賞したアントニン・レーモンドが担当しました。軽井沢の歴史的建造物になっている教会です。教会は、夏場は青々とした木々に覆われていますが、秋には紅葉した木々に囲まれたとてもキレイな場所でもあります。

「聖パウロカトリック教会」はカトリックの教会(聖堂)で、教会を管轄するカトリック横浜司教区は「軽井沢カトリック教会」と呼んでいます。ウエディングの挙式に使われることが多い教会ですが、ここはウエディング専用の教会ではなく、れっきとしたカトリック教の本物の教会です。

スポンサーリンク

チャーチストリートを通って「聖パウロカトリック教会」へ

聖パウロカトリック教会

軽井沢の人気観光スポットである旧軽井沢銀座商店街の通りから1本奥の通りに「聖パウロカトリック教会」があります。旧軽井沢銀座商店街にある「チャーチストリート」の建物を通り抜けると目の前に「聖パウロカトリック教会」があります。

旧軽井沢銀座商店街

チャーチストリートの建物内には有料トイレがあります。利用料は100円みたいです。イギリスのロンドン市内で有料トイレは良く見かけましたが、100円はちょっと高いような。。。思い出に利用してみてはいかがでしょうか。

なお、旧軽井沢銀座商店街にはもう1ヵ所有料トイレがあります。軽井沢観光会館の建物にもあります。

チャーチストリートを通り抜けました

聖パウロカトリック教会

「チャーチストリート」を通り抜けて裏手の通りに出ました。入口には「聖パウロカトリック教会」の看板があります。

聖パウロカトリック教会

そして「聖パウロカトリック教会」の建物も直ぐあります。特徴的な三角形の屋根の建物です。入口の窓は十字架の形をしています。

なお、この日は挙式を行っていませんでした。日曜日などの休日に行くと結構な確率で挙式が見られると思います。

ちょっと建物中を覗いてみました

聖パウロカトリック教会

入口の十字架の形の窓から中を覗いてみました。三角形の屋根にそった木造の建物、木造の椅子、真正面の光が神々しいですね。中央には赤いじゅうたんが敷かれています。

入口の直ぐ脇に白い像と鐘

聖パウロカトリック教会

入口を入って直ぐの左手にある白い像は「聖フランシスコ」です。13世紀のイタリアのアッシジでフランシスコ会を設立しました。

聖パウロカトリック教会

聖フランシスコの像とは逆側に教会の鐘があります。

ウエディングの挙式で使いたい

「聖パウロカトリック教会」は本物の教会ですが、カトリック教徒でなくてもウエディングの挙式をあげることができます。ただし、離婚歴がないことが条件のようです。

旧軽井沢

「聖パウロカトリック教会」は教会ですので、ここでは挙式のみで、披露宴を行う場合は他の会場が必要になります。同じ旧軽井沢にあり、同じく歴史と伝統のある「万平ホテル」が披露宴会場としておすすめします。私もこの組み合わせで見学しました。身内に足が不自由の者がおり、移動が大変ということで、ここは諦めましたが。。。

旧軽井沢

今の旧軽井沢には人力車があります。これで移動するのも良いかもしれません。